以下は、パンくずナビゲーションです。

トップ > 下北沢 立川談四楼 独演会


以下は、新刊情報です。

以下は、弟子の紹介

 

 

下北沢 立川談四楼 独演会

毎回偶数月の15日に開催しております。
 
会場/下北沢 北澤八幡神社 参集殿
時間/18:00開演(17:30開場)
木戸銭/2,500円(一般)

    2,000円(会員)

御予約、前売り券はございません。

当日券のみです。開場の17:30より会場受付にて販売致します。

全席自由ですべて桟敷席です。

 

北澤定例独演会 会員募集中
 毎年6月に申込み(更新も)受付。
 年会費1,000円で1年間木戸銭が2,000円に。
 独演会・新刊著書のご案内DMも
 随時お送りさせて頂きます。

 

終演後は会場にて打ち上げを催します。

どなたでも参加して頂けます。

参加費無料。

 

北澤八幡神社

東京都世田谷区代沢3丁目25−3
地図はこちら

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

第227回
令和元年

12月15日(日)

出 演
談四楼

縄四楼
半四楼

 

 

ゲスト

神田愛山(講談)

 

 

’74年神田山陽に入門。
’87年二代目愛山を襲名真打昇進。
連続講談を得意とし、新作や文芸講談もこなす。
小説家としての著書も多数。
健康に関する講演活動も。

今後の公演日程

 

第228回

2月15日(土)

ゲスト

港家小ゆき

(浪曲)

 

第229回

4月15日(水)

林家楽一

(紙切り)

 

第230回

6月15日(月)

上の助空五郎

(ヴォードヴィリアン)

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

第226回
令和元年

10月15日(火)

 

・寿限無      花修
・つる       半四楼
・真田小僧     縄四楼
・目黒の秋刀魚   談四楼

・口上       談四楼 わんだ 寸志

・サイボーグ馬物語 わんだ

・らくだ      談四楼


 

 

談四楼は秋の定番噺「目黒の秋刀魚」と

大根多「らくだ」を。

 

 

三四楼改めわんだの真打昇進口上。

 

 

 

わんだは、景気よくラップを披露し、

新作SF落語「サイボーグ馬物語」。

 

 

会場打ち上げも盛況に。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

第225回
令和元年

8月15日(木)

 

・狸の札    花修
・寿限無    半四楼
・饅頭怖い   縄四楼
・のっぺらぼう 談四楼

・なぞかけ漫談 ねづっち

・一回こっくり 談四楼


 

 

談四楼は終わらない噺「のっぺらぼう」と

八月公演の定番「一回こっくり」を。

 

 

ゲストのねづっちさんは、なぞかけ漫談で

会場を大いに沸かせ、お客さんからのお題で

北澤八幡や談四楼師匠、という難題も見事に整えました。

 

 

会場打ち上げも盛況に。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

第224回
令和元年

6月15日(土)

 

・道灌     花修
・十徳     半四楼
・浮世根問   縄四楼
・もう半分   談四楼

・秋田蕗    実子

・人情八百屋  談四楼


 

 

談四楼は雨夜に合わせて「もう半分」と、

「人情八百屋」を。

  

 

 

ゲストの浪曲師・富士実子さんは「秋田蕗」を熱演。

曲師は水乃金魚(みずのきんとと) さん。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

第223回
平成31年

4月15日(金)

 

・子ほめ    半四楼
・狸の札    縄四楼
・御一新    談四楼

・ハンカチ   小宮孝泰

・一文笛    談四楼


 

 

談四楼は井上新五郎正隆作のネタおろし「御一新」と

「一文笛」を。

  

 

 

ゲストの小宮孝泰さんは、漫才コンビ・二丁拳銃の

小堀裕之さん作の新作落語「ハンカチ」を。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

第222回
平成31年

2月15日(金)

 

・たらちね      半四楼
・寿限無       縄四楼
・紙入れ       只四楼
・飛鳥U乗船記    談四楼

・声帯模写      まねき猫

・文七元結      談四楼


 

 

談四楼は先日まで乗船し高座に上がっていた豪華客船の飛鳥Uのおみやげ話と、「抜け雀」を一席。

  

 

 

ゲストの江戸家まねき猫さんは、枕草子に動物ものまねを折り込みながら四季を感じさせる芸を風流に。

 

 

 

  

 

 

だいぶ遅めの新年会を兼ねて、打ち上げも盛況に。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

第221回
平成30年

12月15日(土)

 

・転失木       半四楼
・寿限無       縄四楼
・時そば       只四楼
・落語議連      談四楼

・無声映画      坂本頼光

 「血煙高田馬場」

 「サザザさん4」  
・文七元結      談四楼


 

 

談四楼は年末の定番「文七元結」。

  

 

 

ゲストの坂本頼光さんは無声映画の名作「血煙高田馬場」と、自作のアニメ「サザザさん」を活弁付きで上映。

 

 

 

  

 

 

二ツ目昇進祝いの只四楼。

「時そば」を景気よく披露。

 

 

談四楼

 

この回より当日パンフレットは
イラストレーターのかがわの水割りさんによる絵になりました。

パンフ裏面のご機嫌な師匠の絵は

御来場頂いた皆様のお楽しみ、ということで。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

第220回
平成30年

10月15日(月)

 

・元 犬       半四楼
・つ る       縄四楼
・権助魚〜深川(踊り)だん子
・柳田格之進     談四楼

・べっかんこ鬼    鈴木一功


 

 

談四楼は一席「柳田格之進」をじっくりと。

  

 

 

ゲストの鈴木一功さんは一人芝居で創作民話「べっかんこ鬼」を熱演。

 

 

 

  

 

 

二ツ目昇進祝いのだん子。

「権助魚」に続き踊りで「深川」を披露。

 

 

 

鈴木一功さんの舞台に、自作の楽器「ゆうきん」やクリスタルボウルで参加して下さったうさぎのせつこさんを交えて乾杯。打ち上げも賑やかに。

 

 

 

_________________________________________________________________________________




 

第219回(平成30年8月15日) 〜第200回(平成27年6月15日)

第199回(平成27年4月15日) 〜第180回(平成24年2月15日)

第179回(平成23年12月15日)〜第162回(平成21年2月15日)

第161回(平成20年12月15日)〜第147回(平成18年8月15日)

 

以下は、新刊情報です。

このページトップへ